わきがは運動不足の人がなるって本当?という疑問について解説します

わきがの原因は、アポクリン腺にあります。

 

汗が出る汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺がありますが、エクリン腺のほうは99%が水分なので、ほとんど無臭です。
アポクリン腺から出る汗が、わきが独特のにおいを発生させます。

 

アポクリン腺はだれにでも存在するものですが、数と大きさに違いがあるので、わきがが気になる人と、ほとんど気にならない人という差が発生します。

 

 

このように、わきがの原因はアポクリン腺にあり、それは遺伝によって大きく左右されるので、手術などでどうにかするしかないという意見もあります。

 

運動をしたからといって、アポクリン腺を減らせるわけでもないようです。

 

手術
しかし、手術をしなければならないほどアポクリン腺がたくさんあるという人は、ほんのわずかです。
ほとんどの人は、生活習慣などに気をつけていれば、わきがは気にならなくなります。デオドラント製品などを使ってニオイを抑制するという方法もあります。

 

 

生活習慣で重要なのは、睡眠、食生活、運動などです。

 

運動不足の人は、体が不健康になりがちですので、汗が臭う原因になってしまいます。
基本的には汗は無臭ですが、運動不足などで体に不調が起きると、汗が臭うようになることもあります。
また、ストレスもニオイの原因になりますが、運動不足の人はストレスを溜めやすいので、その意味でもよくありません。

 

結論として、わきがの直接の原因は運動不足ではありませんが、運動不足の人はわきがになりやすいということは事実のようです。